矯正歯科・小児歯科・歯科口腔外科・予防歯科 近藤歯科 矯正歯科
予約制

0964-53-9038

宇土シティモール外部A棟 診療時間:10:00~20:00

INFORMATIONお知らせ

虫歯の治療について2018.11.27

こんにちは!

副院長の近藤です。

 

今回は当院の「虫歯」の治療方針についてお話します。

やはり治療頻度が一番多いのが、虫歯の治療ですね。

治療のモットーは

①なるべく健康な歯を削らない(必要以上に歯を削らない)。

②虫歯を取り残さない。                です!!

 

脱灰といって、ごく初期の虫歯(穴があいてない程度のもの)は、

フッ素の利用などにより再石灰化することもあるので、

削って治療しなくていいのです。初期の虫歯は削らす様子を見ます。

初期の虫歯は、特にお子さんに多いですね。

 

残念ながら、歯に穴があいてきた虫歯は、削って治療します。(放っておくと、進行してしまいます)

でも、歯のエナメル質って白く透き通っていて、とても綺麗なんですね。

それを削るのはとてももったいないな、といつも思います。

なので、私はいつも健康なエナメル質をなるべく残せるよう、

削る量が最小限で済むよう考えながら治療しています。

但し、虫歯というのはやっかいなもので、エナメル質ではあまり進んでいなくても

中の象牙質で大きく広がっていたりするんですね(象牙質の方が、エナメル質より柔らかいからです)。

その、虫歯に感染した象牙質を取り残すと、多くの場合、数年後に中で虫歯が再発します。

なので、そうならないよう、健康なエナメル質はなるべく削らずに、感染した象牙質は

しっかり取り除くことが大事です。

 

あとは、なるべく痛くないようにとか、詰め物が綺麗にできるようにとか、

なるべく神経を残せるようにとか、、、気をつけていることは様々あります。

虫歯の治療も、なかなか奥が深いんですね。

 

写真は、当院の勉強会の様子です。

スタッフのレベルアップや知識の向上を目指して、

定期的に勉強していますwink

皆さん熱心です。

当院のブログをご覧いただき、ありがとうございます。