矯正歯科・小児歯科・歯科口腔外科・予防歯科 近藤歯科 矯正歯科
歯科衛生士受付事務 募集中
予約制

0964-53-9038

宇土シティモール外部A棟 診療時間:10:00~20:00

INFORMATIONお知らせ

指しゃぶりへのアプローチについて2021.10.24

こんにちは!副院長の近藤ですsmiley

 

 

今回は、指しゃぶりへのアプローチについて載せたいと思います。

 

というのも、うちの息子(6歳半)もずっと指しゃぶりが治らず、長いこと私の悩みの種でもありましたが、先日やっと指しゃぶりを卒業できました!!

 

ただ、指しゃぶりは小児歯科の先生に伺っても「4歳のお誕生日までには卒業しましょう」と仰っていたため、6歳まで続けてしまった息子のケースが模範的なものでないことは先にお伝えしておきます。親としても反省ですcrying

 

 

まず、指しゃぶりはお腹の中にいる赤ちゃんの時から母乳を飲む練習として始まっているそうで、1歳頃までの指しゃぶりは成長発達において意義のある行動と言われています(指しゃぶりする赤ちゃんの方が、寝つきがよく激しい夜泣きが少ないというメリットもあるそうですよblush🎵)

 

2歳を過ぎると、統計的にも指しゃぶりが減ってくると言われています。指しゃぶり以外の楽しい事や、他に興味のある事が増えてくるからですね。

4歳未満のお子さまで歯並びやお口の機能に影響が出ていない場合は、一応、経過観察で大丈夫です。

ただ、4歳未満でも歯並びやお口の機能に悪影響が出てしまっているケースや、4歳以降も指しゃぶりが続いてしまっているケースは、やはり早めに止める事が望ましいです。

歯並びへの影響というのは、出っ歯だけでなく、交叉咬合など指しゃぶりをやめても自然に治らないケースもありますので、その場合矯正治療が必要になります。

 

 

では、うちの息子はと言うと、、、

6歳過ぎて永久歯の上の前歯が生えてきているのに、落ち着きたい時や就寝時にはがっつり指しゃぶりをするという非常によろしくないケースであり(夜中も何度も「チュッチュッ」と指をしゃぶる音が聞こえてくるほどでした😥)、4歳過ぎてから「指しゃぶりは卒業しようね~」と声かけはしていたものの、辞める気配は無く、何かストレスが原因になってるのかもしれないしあまり無理強いはできないな、そのうち辞められるかなと、おおらかな気持ちで見守っていたら、生えてきた永久歯が傾き始めるという大変な事態に!!

 

私も歯科雑誌で指しゃぶりの辞め方を沢山調べてみたりしました(とにかく叱らない!本人に辞めようという気持ちになってもらう事が大事なようです)。

5~6歳児の指しゃぶりは、あまり深い意味はなくただ単に頑固な癖として残ってしまっている事が多いらしく、息子もこのケースだったのですね。

「うん、辞めるよ」と言いながら、全く頻度も減らず辞められそうにないので、うちではこれを使いました↓

ネットで購入した、爪を苦くするマニュキアのようなものです。

「これを塗るよ!」と言って使うと息子もきっと反発するので、爪切りをしながら指しゃぶりをしていた人差し指にだけこっそり塗りました。

塗ってしばらくして、一生懸命手を洗っている音が聞こえ、「ママ~、なんか指が苦いんだよね~」と言ってきた息子でしたが、「うーん、さっき工作してたから、ノリでも付いたんじゃない?」とごまかして、様子を見ていたら、その後も無意識に指をしゃぶってしまい苦い→手を洗う→やっぱり取れないを3回ほど繰り返した後、全く指しゃぶりをしなくなり、商品名通りピタッと辞められました。

念のため、夜中もこっそり就寝中に塗っておきましたが、翌日以降も全く指しゃぶりをする素振りもなく、この苦いマニュキアを2回塗っただけで、指しゃぶりを卒業することができました。

 

ただ、息子の場合わりと強制的な方法で辞めさせてしまったため、指しゃぶりが、強くストレスの解消法になっているお子さまには、あまり向かないかもしれません。

息子は自分で「指しゃぶりをもう辞めたい!」という意思がありましたが、無意識に指を口にもっていってしまう癖がどうしても取れなかったので、苦いマニュキアがよいきっかけになったようです。

本人も、指しゃぶりを辞められて嬉しそうでした。

 

指しゃぶりはその原因も、しゃぶり方の強さや頻度も、歯並びやお口の機能への影響も、お子さまによって違うようなので、そのアプローチも様々あるようです。

もしお悩みの方がいらっしゃったら、ご相談頂ければと思います。ただ、これをしたら辞められる!という単純なものでもないようなので、いくつかある方法をお伝えしながら、辞める方法を一緒に考えていきましょう、ということになると思います。親に言われても「いつもの小言か~」と聞き流してしまい効果が無くても、歯科医師や衛生士から言われて、本人が事の重大さに気が付き辞められる、というケースもあるようです。

 

最後に、私も大変参考になった本です↓

前半は絵本、後半は指しゃぶりについて専門的な内容が載っています。「なぜ辞めなければいけないのか」についてとても分かりやすい本です。当院の待合室の、子供用の本棚に置いてありますので、ご自由にお読みください。

 

今回は、指しゃぶりへのアプローチについて書いてみました。自分の親としての反省は、やはり頑固な癖として強く残ってしまう前に、4歳頃から辞めるためのアプローチをもっと積極的に行えばよかったなと思っています。

今でも息子は、お口がよくポカンと開いてしまうなど、指しゃぶりの悪影響と思われるものが残っています。

ちなみに2歳下の娘は、1歳過ぎまで指しゃぶりをしていましたが、風邪をひいた時に鼻が詰まってしまい、指しゃぶりをしてると息がしにくいと自分で気付いたようで、その時にスパッと辞めました。

同じように育てても、本当に子供によって様々です、、、😅

 

息子は指しゃぶりがなかなか辞められなかったケースで、ご紹介するのもお恥ずかしいので躊躇しましたが、悩んでいるお母様方のお役に少しでも立てればと思い、お伝えしました。

 

日本の未来を担う大切な子供達のお口を、なるべく守っていきたいなと思っています。

食べることは生きることですblush

 

 

当院のブログをご覧いただきありがとうございます。